2012年6月6日水曜日

掃除機を買い替えました (HITACHI CV-PR9)


SANYO  SC-P205 その名も Taro

Panasonicに滅ばされた三洋電機株式会社の製品です。


先日畳の表替えをしました(その時の様子は こちら です)。
畳の下の害虫駆除剤を大量に吸込んだせいか、掃除機の中
が真っ白になってしまいました・・・
エアダスターで吹き飛ばしたり洗える部分は洗ったけど完全
除去は無理っぽい orz
そもそもかなり古い機種でもあるし思い切って買い替える事
にしました。



吸込仕事率160W、消費電力500W、1985年1~6月製造・・・

27年前!?



紙パック式ですがフィルターもついています。
赤丸の部分はメッシュフィルターになっていて、さらにその後
ろにろ紙ようなフィルターもついています。


赤いものがろ紙のようなフィルターです。

断面を上から見るとこんな感じ、まっすぐより面積がかせげます。



ホースの差込口です・・・何となく黒ずんでいる・・・かな?


子周囲とその間の黒く見える部分が・・・炭化してる!?

害虫駆除剤のせいなのか長期間の使用によるものなのか不
明ですが、いずれにしろこのまま使用を続けると近い将来発
火してしまうでしょう。
買い替えを決断して正解でした。



さて、買い替えですが掃除機にこだわりはありません。
というかどのメーカーも似たり寄ったりだし。
まぁ自室が半分畳・残りフローリングなのでどちらにも対応で
きればオッケー、消去法でいきましょう。


まずダイソンを除外します。
カーペット文化の国の掃除機なので回転ブラシがかなり硬い
らしく、畳やフローリングに使うと傷が付くとのうわさが・・・

次に国内メーカーのサイクロン方式を除外します。
日本メーカーのサイクロンは正直ダイソンの猿真似です。
しかも名ばかりサイクロンも多く、ティッシュをフィルターとして
使うとか面倒もあります。
ってか日本のメーカーって独創性ないですよねぇほんと・・・
 音声認識付きの掃除ロボット
 マイナスイオン発生機能付きのテレビ
みたいにちょっと違った方向に独走してますけどね。


あとは価格.comやAmazonを眺めながら何機種か候補選び。
ここでいつもならそのまま通販で購入ですが、比較的大きな
家電は実際手にとってフィーリングを確認したいし万が一の修
理の事も考えて通販はできるだけ利用しません。
(通販は保証期間内の修理でも送料は自己負担が多いし・・・)

近所のケーズデンキに行ったら HITACHI CV-PR9 の展
示品(店員さん曰く未使用)が特価扱いになっていました。
14,220円で通販と遜色ないので購入、展示品なので梱
包箱がないけどごみ処理の手間が省けたと思いましょう。



吸込み仕事率が最大620W・・・Taroの4倍位あります。



我が家への嫁入り記念に撮影です。
使用してなかったとはいえ展示品として晒されていたので拭き
掃除しました。
何回か使ってみましたが性能差すごいですね・・・27年の進化
を感じました。


家電関連の履歴書は こちら です。


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m