2012年9月25日火曜日

関西電力に調査の為来訪してもらいました

毎度おなじみの Watts Up? Pro です。



これを使って こちら で身の回りの家電の消費電力を測定
しているのですが、先日LEDライトを測定したらこんな感じでお
かしなデータになりました。


ただ光るだけのライトでこんなに消費電力がふらふらするの
は変・・・設計がしょぼいか壊れてる?とか思ったのですが、
ふと電圧を確認すると



なんだこれ??

電圧がふらつくのは異常でも何でもありませんが、一定周期
で約1秒2V位下がっています。
LEDライトの消費電力のギザギザはこれの影響のようですね。
(ここまで影響を受けるのは製品としてもアレな気がしますが)

いろいろ調べてみたけど判明したのはこの程度です。
 ・8月24日~30日の間に発生し始め、長時間継続している
 ・電圧降下は約2Vだが、周期は日によって異なっている
  (手持ちのデータの中ではMin:30s_Max:2m20s)
 ・家の中の複数のコンセントで試したがどこで測定しても同じ現象が発生


こんな大電力を間断で使用する機器が屋内に見当たりません。
家中で発生しているなら屋内ではなく電柱から入ってくる段階
で発生してる?
このままだと Watts Up? Pro での消費電力測定に支障をき
たしますし、これが屋内の家電によるものならその家電は故障
してる可能性もあります。

何か情報ないかなぁ・・・と関西電力のHPをみていたら【お問い
合わせ】の文字があります。


あまり期待はできませんが、とりあえずカチャカチャっと入力。


ポンっと【送信】を押して完了です。
予想としては、1~2週間程度で何か返信があればラッキー?


という程度に考えていたのですが、なんと2時間後・・・

関西電力から電話が!?


関電:メールでお問い合わせいただいた件について

    ご自宅を訪問して調査させていただきたいのですが


_:・・・え?

一瞬言葉の意味がわかりませんでした

_:あの、実害が出てるわけでもないのでなんかコメントで
    もいただければ十分ですよ。
    わざわざお越しいただくのも申し訳ないですし・・・

関電:普段から担当地域を回っていますので気になさらないで
    ください、ご都合がよろしければ月曜日の午前中でいか
    がでしょうか?

はやっ!!(今日金曜日だから週明けすぐ!?)

どんだけ対応早いんだ関西電力・・・



そして当日、電話の後で関西電力の方が颯爽と登場です。


こちらが測定に使用する機材ですね。

HIOKI 3196 と表示があります。
日置電機 電源品質アナライザ 3196 という装置でした。
ちょっとほしくなったけど40万円以上もするのか・・・


電力メーターに測定用の線を繋いでいます。





接続完了!




日が当たって液晶が見えにくいので・・・



同じ現象が確認できたので Watts Up? Pro の故障ではない
ようです、測定中いろいろとお話をうかがうことができました。

・屋内で大電力の家電(1,000Wクラス)を使うと電圧が急激に
 降下するのでレーザープリンターやコピー機等が原因として
 考えられる。

・工場の溶接機を使うと溶接の瞬間だけ大電力を使うので付
 近の住宅で瞬間的に電圧降下が発生するケースがある。
 でも、夜中や土日も発生しているならこれも理由と考え難い。
 そもそもこの近所に溶接機を使うような工場がない。

・こういう現象(長時間継続し日によって間隔可変)は見た事が
 ない、というか基本的に何かトラブルになってから関西電力
 に連絡があるので今回みたいに現象だけ気づいて連絡をも
 らうケースがあまりない・・・

・屋外(関西電力側)が原因なら原因特定と解決は恐らく困難。
 発電所から電柱までの電圧は普段データとして取得しておら
 ず、原因特定の為には高圧電線の測定が必要になってくる
 がかなり大変。
 実害がある場合は何らかの対策を検討するが・・・

現象は確認できたものの原因が屋内・屋外いずれかは即答で
きないとの事で、測定データを持ち帰って解析の上で連絡いた
だける事になりました。



で続きはその2でも投稿しようかと思っていたら・・・

もう連絡キター!!


結論:屋内から発生している
原因:900W3秒、その後300W1秒何かが動いている


( ̄□ ̄;)!!

さ・・・さてと、コンセント引っこ抜きながら犯人探しだ orz


関西電力さん、対応ありがとうございました!


電力ネタ関連は こちら です。


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m