2012年10月19日金曜日

EFA15EN/10-PD (東芝 ネオボールZ Real PRIDE 電球型蛍光ランプ 60W 昼白色)

こちら で消費電力測定を行った個体です。

名前には Z とか ReaL(なぜかLが大文字) とか PRIDE
とか立派な言葉が並ぶけど消費電力測定は納得できない結
果でした・・・






■仕様■
光束:780ルーメン
色味:昼白色
寿命:12,000時間
電力:10W






Made in China です。
ふるとカチャカチャと音がします。



注:購入した個体の結果であり販売されている製品が全て同じとは限りません。
  また、内容はあくまで1消費者としての個人的見解です。
  分解は危険を伴いますのでマネをしないでください(万一分解したら絶対に使用しないで!)。
  万一事故・損害が発生しても一切の責任は負いかねます。




おや?

いつもならコンデンサの頭が見えるのですがなんか違います。



ん?



基板が横向きなのか!

右に蛍光管があります。
ちなみに左に伸びた線はソケットに繋がる線の片方です。
半田付けされておらず単に挟んであるだけでした。



角度を変えて撮影しました。
パッと見た感想は・・・樹脂か接着剤かわからないけど汚い!



裏側、中央縦に見えているのは蛍光管から伸びたガラス管。
確か前にもありましたが、ガラス管の中にガラス棒のような
物体が見えます。
カチャカチャ音がするのはコレのせいです。
あと、パターンの上に印刷でマスクされているので詳細が確
認できません・・・分解への嫌がらせか!?



白い樹脂のようなものを一部除去しました。
コンデンサには電解コンデンサはルビコン160V12μFです。



中央のガラス管の下の黒いICは東芝のTPCP8404というトラ
ンジスタのようです。
右下の黒いのはブリッジダイオードっぽいですがわかりませ
んでした。
見え難いのですがおそらくZ682という印字だと思いますが・・・



基板サイズがわかりやすいように1円玉と比較してみました。

蛍光管のと接続は白い樹脂?に覆われてますが、隙間から
確認した限りでは以前分解したEFA15ED/11-Eと同
じように端子は半田付けされており、線も2本は絶縁カバー
が付いています。
使用を躊躇する程の問題点は見当たりませんでした。



発光部のカバーは樹脂製です。
半球をくっつけた形状、接着剤痕がないけど超音波接合?



これが蛍光管、電球型になるように先端を狭めています。


ほぼ電球の形状にまで小型化したと言う意味ですごいです。
特にこの蛍光管・・・どうやって大量生産してるんだろう。
が、逆に言えばそこだけしか特筆すべき点が見当たりません。

そもそも他の製品よりも狭い空間に基板を押し込んでいるの
で放熱面では不利な上に樹脂?でさらに熱が篭っている気
がします。
とりあえず樹脂で固めとけ!みたいな不細工さはなんなので
しょうね・・・寿命12,000時間は本当に大丈夫なんでしょうか?

まぁ平均寿命ですけどね

そうそう、この製品も蛍光管の根元に蛍光塗料を塗布してな
い領域があるのですが紫外線大丈夫?


名前がすごいので期待したのですが分解したら微妙な感じ・・・
パターンにマスクしたり基板にロゴ入れたり無駄な部分に凝っ
ている暇があるんならもっと違う部分にがんばってほしいと思
ったりします。


分解前の消費電力・温度測定結果は こちら です。

電球関連の総合リンクは こちら です。


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m