2012年11月8日木曜日

LDA4D-H-SP (フィリップス LED電球 昼光色)

男性用シェーバー等ではそこそこ知名度の高いフィリップスの
製品、オランダが本社なので初のEU(欧州連合)品です!



密閉器具非対応です。



■仕様■
光束:250ルーメン
色味:昼光色
寿命:40,000時間
電力:4W



カバーの奥・・・ぼんやり黄色く見えますがどうなっているんで
しょう?



カバーの表面に品名等が印字されていますが簡単に剥がれ
てしまいます。



ちょうどいい隙間があったのでここにドライバーをいれてぐりぐ
り・・・


え?


ま・まさか・・・球形のLED!? なわけないですけど。


ここで2回目の消費電力測定と温度測定を行いました。

この中にLED基板が入っているようですが構造は外から全く
見えません。
それと、カバーは黄色ですが発色は白く見えますね。



注:購入した個体の結果であり販売されている製品が全て同じとは限りません。
  また、内容はあくまで1消費者としての個人的見解です。
  分解は危険を伴いますのでマネをしないでください(万一分解したら絶対に使用しないで!)。
  万一事故・損害が発生しても一切の責任は負いかねます。

とりあえず黄色いカバーを外しました。



LEDはレンズのように半球の形状のものが2つ貼ってあります。
このLED、よく見ると中に4×4の点が見えるのですがまさか
16素子?
基板サイズが他のLED電球より一回り小さいですが放熱が大
丈夫なのかも気になります。


3回目の消費電力と温度の測定です。
2回目では黄色いカバーの上からでしたが今回はLED基板の
温度です。


スイッチオン・・・


な・ん・・だと・・・!?




青色LED!?

そう、このLED電球は白色LEDを使っていません。
青色LEDに黄色のカバーを被せて白色を作っています。


分解の続き、こんな風に周囲が外れました・・・なんでこんな構
造なの?



これ以上はこちらからどうしようもないのでソケット側を分解。





抜けない・・・どうやらLED基板の半田付けを外さないとダメか。


面倒なので引き抜きました!


これがLED基板単体です。

HTSA という印字が見えます。
中国 HT Circuits Ltd. (永捷电路版有限公司)のグループ
会社にHT Sure Advance Circuits (Shenzhen) Ltd.
いうのがありますがこの会社の事かな?


LED基板の裏側、熱伝導シートのようです。



LED基板裏面は銅が見えますが、材質そのものは普通の基
板のようです(熱伝達用スルーホールだらけです)。


こちらは胴体の中にあった基板、黄色い耐熱フィルムで覆わ
れています。





フィルムを剥がしました。

LED基板と同じ HTSA の文字が見えますがひょっとしてこれ
はOEMでしょうか?



・・・なんだか部品が多いような気がします。


基板のはいっていたケース内部です。



全体像はこんな感じです。



分解した感想ですが、まず青色LEDを使っている時点でびっ
くりでした。
まぁ白色LEDでも青+黄色蛍光体ってのがありますし白は白
です。
でも波長が偏っていたり青色成分が強すぎると目に悪いとす
る説もあるのでこの製品が大丈夫か気になります。

又、LED基板が小さい上にケースへの熱伝導も悪いように思
います。
こちら の通りLED基板の温度約53℃でソケット約33℃、
差が20℃なら問題ないように見えますが・・・


実験後確認するとセンサーを覆う樹脂が溶解しています。
100度は軽く超えていると考えられる事からそもそもLEDから
基板への熱の伝達が悪い可能性があります。
とするとこの製品は寿命がかなり短い上に安全面で不安があ
りますね。

本体基板についてもキャップを被せたコンデンサとかよくわか
らない点が見受けられます。
そもそも全体を耐熱フィルムで覆う必要があるのかな?
単なる絶縁目的かも知れませんね。


全体的にアンバランスな、一言でいえば中国っぽい設計の
製品とでも表現すればいいでしょうか。
放熱性能に不安が残るので個人的にはこの製品は使わない
でしょう・・・


あ、忘れていました。
最初にカバーを外した際に問題なかったので気づかなかった
のですがこの製品はガラスカバーです。
・・・何故蛍光灯や白熱電球のようにガラスを使う必要がない
のにカバーをわざわざ危険なガラスにするのでしょう。
落としたりしたら危険じゃないですか。



こんな風に割れて破片が飛び散りますよ!

掃除が大変でした orz


分解前の消費電力・温度測定結果は こちら です。

電球関連の総合リンクは こちら です。


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m