2013年4月20日土曜日

LDA5L-H-TV (イオン LED電球 TOPVALU共環宣言 25W相当電球色)

イオンのPB(プライベートブランド)、その名も

 TOPVALU(トップバリュ)

の名を冠したLED電球です。



密閉器具対応を謳っています。



■仕様■
光束:260ルーメン
色味:電球色
命:40,000時間
電力:4.9W





ガラスの注意書きがあります。
細かい事ですがこういう配慮はさすが小売業ですね。






ソケット上に品名とか仕様を印字しているのはよくありますが、
ここに漢字を印字してるのは初めて見たかも。





注:購入した個体の結果であり販売されている製品が全て同じとは限りません。
  また、内容はあくまで1消費者としての個人的見解です。
  分解は危険を伴いますのでマネをしないでください(万一分解したら絶対に使用しないで!)。
  万一事故・損害が発生しても一切の責任は負いかねます。

注意書きにもあった通り、ガラスカバーなので過度な衝撃を与
えるとこうなります。



但し、これは意図的に割ろうとした結果です。
大手電器メーカーよりもガラスは厚めでかなり頑丈になってる
のでそうそう割れないと思います。
とはいえガラスはガラス、やはり割れる可能性はあるでしょう。
取扱いにはご注意ください。

※取付時に落下して割れた場合足元にガラス片が散乱し危険です。
  ・取付時、足元に毛布等の柔らかいものを置く
  ・スリッパを履いておく
  等の対策をしておくと万が一の場合助かります。
  ガラスは飛散すると掃除も大変で危険ですので・・・



ガラスカバーは根元で絞ってあり、接着剤で固定されてます。


赤い線の部分に接着剤で固定されています。
本当は割らずに外したかったのですが、ドライバーがここにう
まく届かなくて止むを得ず割りました・・・



このLED・・・以前どこかで・・・あ!


こちら の分解で見かけたLEDと同じです。
正方形の対角線で区切った4部分が盛り上がった形状です。
Cree社のXLamp XT-E Whiteに似ていますね。
内部は1素子のようですので全体で3素子になります。



ネジ2つを外し、配線をカットしたらLED実装板が取れました。
裏にはグリスが塗布されています。


さらにネジを3つ外すと内部の樹脂ケースが抜け出てきました。





蓋を外すと・・・



また発掘作業ですか orz
蓋の裏側に成型された数字が移っているという事は、蓋をし
た状態でソケット側からどろ~って流し込んだんでしょうね。





ちょっと硬め、シリコンというよりゴムに近いです。


やっと半分発掘できました・・・



ソケットをグリグリします。



樹脂ケースも無理矢理割って、ある程度取り除きました。



こちらが発掘した基板の表面、コンポジットかな。


安全部品としてヒューズが、あとバリスタもありますね。

電解コンデンサを起こしてみました、下に品名らしき記載が
あります。



横から、足は若干長めですがきれいに揃っているので管理さ
れてます。



基板の裏面です。


何と言うか・・・シンプルで危なげのない設計です。
半田付けもきれいで問題は見受けられません。


正直な所、イオンのPB商品について否定的な考えだったの
でどうせこの製品も中身は酷いだろうって思いつつ分解に臨
んだのですが、ガラスカバーという点以外文句のつけようが
ありませんでした・・・
電解コンデンサを充填材で埋めても大丈夫?ってのはあり
ますけどね。

ちょっと暗いですが、その点を理解した上でなら問題なく使用
できそうです。
どこに生産委託してるんだろう・・・値段を考えると優秀です。
(本社がアメリカのEMSメーカーっぽい匂いがします)


分解前の消費電力・温度測定結果は こちら です。

電球関連の総合リンクは こちら です。


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m