2013年6月24日月曜日

富士山が世界文化遺産に登録?


山梨県のHP

6月22日、ユネスコの世界遺産委員会で富士山+三保松原
を世界文化遺産に認定しました。


大きな地図で見る

三保松原はどう見ても富士山ではありませんよね?


★世界遺産って?
 国際連合教育科学文化機関(UNESCO)の世界遺産委員会
 に認定される、人類にとって保護すべき建築物や景観です。
 世界遺産条約に基づいており、次の3つに大別されます。
  ①文化遺産(建築物・遺跡等)
  ②自然遺産(地形・景観・地域)
  ③複合遺産(遺跡のある地域のように①②を一緒にした感じ)

★世界遺産条約って?
 文化遺産や自然遺産を守ろう!て国際条約です。
 1975年に発効、日本は世界で125番目に批准しています。

★世界遺産登録のメリット・デメリット
 [メリット]
  ・知名度がアップします
  ・観光客が増えます
  ・世界遺産基金から保全の為の資金援助があります
 [デメリット]
  ・観光客により環境が悪化します
  ・保全の義務が生じます(6年毎に再審査)


本来の主旨は遺産の保全なのですが、日本では地域おこしや
観光客を呼び込む為の道具として捉えている人が多くいます。
そういう観点で見ると、今回の富士山も

観光地としての世界遺産というブランドがほしい

だけの人達が蠢いてそうですよねぇ。
登録まで先導してきた人達が保全でも役割を果たすのか、そ
れとも保全は人任せで金儲けの為だったと醜態を曝すか・・・


さて、既に環境保護を大義名分に観光客に入山料を課すなん
て話がちらほらでていますが、今回の経緯や受益者負担を考
えると本来負担すべき人達がいるはずです。
 ①地元企業
  観光客で潤いますよね?
 ②富士山関連グッズ
  〝世界遺産〟を表記した製品には税金をかけましょう
 ③地元自治体
  税収があがります
 ④周辺の土地所有者
  地価が上昇します

入山料徴収で観光客抑制とか主張しているお馬鹿な学者もど
きもいますがそれこそ本末転倒な話です。

世界遺産登録なんてしなければよかったじゃん

世界遺産登録を推進した人達は保全していく為の覚悟もして
いるはずなので負担を否とはおっしゃらないでしょう。
入山料議論の為にもぜひ率先して姿勢を示してくださいね・・・



★日本の世界遺産は?
 [文化遺産]
  ・法隆寺地域の仏教建造物
  ・姫路城
  ・古都京都の文化財
  ・白川郷・五箇山の合掌造り集落
  ・原爆ドーム
  ・厳島神社
  ・古都奈良の文化財
  ・日光の社寺
  ・琉球王国のグスク及び関連遺産群
  ・紀伊山地の霊場と参詣道
  ・石見銀山遺跡とその文化的景観
  ・平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群
  ・富士山

 [自然遺産]
  ・屋久島
  ・白神山地
  ・知床
  ・小笠原諸島

どちらかと言えば富士山は自然遺産だと思うのですが、そうす
るとこじつけで無理矢理組み込んだ三保松原の根拠がなくな
ったりと大人の事情があるんでしょう。
そういえば、世界遺産基金は加盟国からの拠出金で運営され
ているようですが日本の拠出金額は全体の12%(加盟国中1
位)で世界遺産委員会のメンバーでもあります。
国際記念物遺跡会議で除外勧告された三保松原が含まれた
のはひょっとして・・・


時事四方山(よもやま)話は こちら です。


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m