2013年7月31日水曜日

ケーズデンキは「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞



ケーズデンキの広告をみていたらこんな内容がありました・・・

ヤマダ電機がメディアフラッグの顧客満足度調査を大々的にP
Rしてますが対抗しての行動でしょうか?
この謎の賞について調べてみました。


日本でいちばん大切にしたい会社

という法政大学教授 坂本光司氏の著書がベースのようです。

  

法政大学・日刊工業新聞社・あさ出版(この本の出版社)が主
催しています。

コンセプト
正しい事を、正しく行っている企業を表彰する

表彰対象
「大切にしたい会社」「正しいことを正しく行う経営」の要件とは
、企業が本当に大切にすべきことの5つの順番を守り、社員と
その家族・外注先とその社員・地域社会の幸福を実現する行
動を継続している会社です。

応募資格
過去5年以上、以下の5つの条件に該当している事。
①人員整理、会社都合による解雇をしていない
②下請企業、仕入先企業へのコストダウンを強制していない
③障害者雇用率は法定雇用率以上である
④黒字経営(経常利益)であること(一過性の赤字を除く)
⑤重大な労働災害がないこと


この本を読んでないのでアレですが②の判断基準ってどう考
えているのでしょうか・・・
基本的にコストダウンを要求しない流通・小売はありません。
それが強制なのか任意なのかは見方の問題です。

「コストダウンしなければ他社から購入するぞ!」

これは強制?
コストダウンするか売上をなくすか・・・メーカー側からすると強
制ですが、流通・小売側からすると任意です。
でもこれが強制なら流通・小売は応募資格がありませんよね。

あとはなぜ「過去5年」なのかです。
もっと遡ってしまうと①にほとんどの企業が引っ掛かり応募で
きる企業がなくなってしまうからでしょうか?



審査員は法政大学の方が中心です。
コンサルタント・税理士・会計士・・・応募企業がお客の職種ば
かりな気がするのですが。
審査の詳細も非公開だし、公平性は期待できなさそうですね。


こちらは第2回の協賛企業一覧です。

★:主催・審査員
★:第1回の受賞企業(5/8社)
★:第2回の受賞企業(6/10社)  (つд⊂)ゴシゴシ

(;゚Д゚) …!? 

第1回の受賞企業は賞を貰ったお礼に第2回で協賛になった
可能性がありますが、第2回受賞企業の半分以上がその
の協賛企業ってなんか恣意的なものを感じませんか?

可能性としてはどちらかでしょうね。
 ・協賛企業+α程度しか応募がなかった
 ・協賛企業に対する配慮(協賛し続けてもらう為)



まぁそもそも応募した企業の中から選ばれただけですから受
賞枠が10社で応募も10社なら全社受賞するわけです。
(何社応募してるんでしょうね?)

しかも、結局この賞を受賞したから何がすごいかわからない。

正しい事を、正しく行っている企業

それは顧客にとってはどうなんでしょう?
アバウト過ぎて何が優れてるのか比較のしようがありません。

知りたければ本を読めという単なるキャンペーン?

とりあえず、この賞を受賞した事とケーズデンキで買物をする
かは別問題、というか考慮に値しない気がします。


「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞のHPは こちら です。

チラシの裏は こちら です。


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m