2013年7月31日水曜日

ヤマダ電機 顧客満足度No.1 の謎(Part3)



※2014年版は こちら です。

すでに こちらこちら でも投稿してるヤマダ電機です。

ではなぜ再びかというと、広告の内容が若干変わっている事
に気づいた為です。
以前は総合満足度第1位だけだったのに、赤で囲んだ部分、
具体的な項目が増えています。

接客/挨拶/安心感/アフターサービス/利便性/ポイント/価格設定/知名度 他

おそらくほとんどの方は

総合で1位、そして記載してある項目で評価が高かった

と考えるでしょう。


では実際どうだったのか、この並び方に合わせてみました。

※項目に★があるのは覆面調査、他はWebアンケートだそうです。

橙色で囲んだのはヤマダ電機が第1位の項目です。

ん?

最初に挙げた接客は首位どころか4~5位、次の挨拶も下位
グループです。
ではヤマダ電機は何故こういう並びで項目を記載したのか・・・

顧客が重視しているであろう項目順(ヤマダ電機の認識)

だと考えられます。


でも実際ヤマダ電機が首位になったのはポイント・価格・
など規模で得られる内容がほとんどです。
実際、今のヤマダ電機はひたすら価格面を強調する路線で消
耗戦を仕掛けていますね。
インターネット通販の価格にさえ合わせると宣伝していますが、
逆に言えば価格以外の価値を提供できないのでしょう。

まぁもっと下げてくれるならともかく、他店と同じ価格にしますっ
てだけじゃ交渉が手間なだけでメリット感じませんが。


グラフの一番右端はヤマダ電機がとした内のひとつで

もう1度その店舗で買物したいか?

ヤマダ電機は見事最下位ですので

2度と買物したいとは思わない

という事になります。
印象って同じ情報でも見方次第でずいぶん変わりますよね。


【関連投稿】
 Part1:メディアフラッグの「速報」より 2013/07/13
 Part2:詳細判明 2013/07/16
 Part3:この投稿
 Part4:じゃあ日経ビジネスランキングは? 2013/08/15

チラシの裏は こちら です。


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m