2013年8月11日日曜日

LDA7L-30-1 (JPL(JAPAN LIGHTING) LED電球 40W相当電球色)

JAPAN LIGHTING株式会社という昨年できたばかりの会社
の製品です、ちなみにこの会社・・・中国人が社長です。
人種差別のつもりはないですが、外国人がこの会社名を設立
ってなんかバカにされてる気分です。





■仕様■
光束:470ルーメン
色味:電球色
寿命:40,000時間
電力:7W








2013年2月製?


カバーに印字されている字が一部消えかけていますが・・・


箱に擦れて消えているようです、ちょっと安物感があります。



注:購入した個体の結果であり販売されている製品が全て同じとは限りません。
  また、内容はあくまで1消費者としての個人的見解です。
  分解は危険を伴いますのでマネをしないでください(万一分解したら絶対に使用しないで!)。
  万一事故・損害が発生しても一切の責任は負いかねます。

では早速カバーをグリグリ、接着剤で固定されていました。

LEDは素子2個×7個の14個、電圧は41.8Vでした。



ネジ2ヶ所を外すとLED実装円板が取れました。
裏にはグリスが塗布されています。


おや?

スポッと抜けた・・・さっき外したネジが本体も固定してたのか。




へぇ・・・このケース凝ったつくりですね。


切削やプレスではこの形状できないし接合跡もない・・・絞り?


内部樹脂ケースには基板が収まっていました。


基板が抜けないのでソケットをグリグリして線をカットします。



基板の表面です、裏面のパターンが完全に透けています。


ん?


 NEPower
 CFN-07150F0 V1.0 20120922
という印字があります。
どうやらこの基板は2012年9月製造のようです。
NEPowerというのはこの基板を製造したメーカーでしょう。
(一応調べてみたのですが、この会社の詳細は不明です)


ここで疑問です。
こちらで調べたところではJAPAN LIGHTING株式会社は
全て自社工場で生産しているとあります。
しかも会社設立が2012年11月になっています。

・・・うそやん!?
NEPowerがJPLに社名変更した可能性もありますけどね。



基板の裏面です。


鍵を握るであろうICの正体がわからない orz
AJM3BBとしか捺印がなく、これが品名なのかロットなのか
もわかりません。
消費電力測定で発生した、電圧が100Vを下回るといきなり
消費電力が0.5W下がる症状はこのICに理由がありそうな
気がしたのですが調べようがありませんね。


足は短くカットしてあり実装も特に問題は見受けられません。



安全部品としてヒューズがあります。
パターンや実装面で気になるような点はありませんでした。
ただ、消費電力で気になる部分があり、肝心の部品の正体
がわからない不気味さがあります。

自社工場だから高品質としていますが、実際は自社工場で
はない疑いもあります。
会社の素性もなんとなくですが胡散臭さが漂っています・・・

ケースについては製造法に興味がありますが、個人的には
この製品(というかこの会社の製品)はオススメしません。


分解前の消費電力・温度測定結果は こちら です。

電球関連の総合リンクは こちら です。

JAPAN LIGHTING株式会社の謎は こちら です。


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m