2013年9月26日木曜日

LED118CW (プラタ LED電球 LumiLAZ ??W相当昼白色)

株式会社プラタが輸入した製品です。



密閉・調光とも対応です。



■仕様■
光束:400lm
色味:昼白色
寿命:40,000h
電力:5.0W




消費電力測定の投稿でも記載しましたが、この製品は100
V未満で動作を保証していません。
日本のコンセントは95V~107Vと規定されており日常的に
100Vを下回りますので、この製品は日本での使用を保証し
ていない事になります。






よく見るとケースに擦れたような傷がありますね。


こちらには指紋?
擦っても取れないので塗料が乾く前に触ったようですが・・・


ソケットは組み立ての問題なのか隙間ができています。




注:購入した個体の結果であり販売されている製品が全て同じとは限りません。
  また、内容はあくまで1消費者としての個人的見解です。
  分解は危険を伴いますのでマネをしないでください(万一分解したら絶対に使用しないで!)。
  万一事故・損害が発生しても一切の責任は負いかねます。

早速破壊分解スタート、まずはカバーをグリグリ・・・


カバーは1周ぐるっと接着剤で固定されていました。
LEDは素子3×10個で30素子5個直列を並列接続です。
モジュール電圧は32Vでした。
LED実装円板には
 BiTco
 BT-L5630(PAL)4W-V1
と印字されています。


ちょっと調べたらBiTcoはブランド名っぽいです。

深圳市必拓电子有限公司(Shenzhen Betop Electronics Co., Ltd)という
2003年設立の中国メーカーのようですね。

製品紹介に PAL 7W E27 というのがあるのですが・・・


これをベースにしたカスタム品だと思われます。





ネジを外すとLED実装円板が・・・


ん?

この模様のようなグリス塗布はどこかでみた気がしますが・・・

ET066-CN-ML (ドゥエルアソシエイツ ECO-TEN)

と同じですね、恐らく製造メーカーが同じなんでしょう。


内部樹脂ケースがスポッと抜けました。




ケースに接着剤のようなものでべったり固定されています。


ケースをバリバリ・・・



基板の表面、ガラエポっぽいけど小さいです。


電解コンデンサを折って、その上に足を伸ばしたヒューズ付き
抵抗があります。


なんと電解コンデンサの足を裏側で半田付けしています・・・


基板の裏面です。


半田付けが汚い・・・全部品を手実装してるようですが、半田
付けの加熱時間が長過ぎる為か全体的に汚いです。
特に黄色く囲んだ部分は酷いですね。

赤い矢印はACラインですが・・・基板に穴がなく、先端を載せ
て半田付けしてるだけです。
下側の線は半田が足りてない上に線がはみだしすぎですね。

斜めに見ても・・・ここ酷すぎです。



安全部品としてヒューズはあります。
基板は設計の時点で酷いです。
裏側に半田付けして表に折り返す電解コンデンサ、穴を開け
ず基板に乗せただけで半田付けしているACラインなど・・・
実装レベルも低いです。
ケースの指紋?や擦れをみても全体的な品質管理に疑問が
あります。
あと、電源を入れて点灯までに2秒近くかかっていました。

(個人的には)とても使えるレベルではないと判断しました。


分解前の消費電力・温度測定結果は こちら です。

電球関連の総合リンクは こちら です。

株式会社プラタの謎は 準備中 です。


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m