2014年1月7日火曜日

Unknown (HappyBuy-JP LED電球 ??W相当温白色)



今回は消費電力測定よりも分解が先という変な投稿です。

まぁ分解投稿が先というのは過去にもあったのですが、本来は
投稿作成が逆になってもあくまで作業手順は

 消費電力測定 → 分解

しかありません(分解したら消費電力測定できないですから)。

でも今回は作業手順も分解が先なんです・・・



購入はAmazonマーケットプレイスのHappyBuy-JPです。

 責任者:容可
 会社名:Tosell888-Jp
 所在地:中国広東省深セン市龍崗区

中国人による個人出品っぽいです。

※誰にでも見る事ができる内容なのでマスクしてません。



なんと中国から出荷で446円(送料込)です!

温度:20℃
入力:110V~240V

など突込みどころもいろいろあり、普通に使うのは怖いですが
当ブログ的には魅力的な素材なので早速注文しました。


今回は荷姿からスタート、エアメールで送付されたようですね。






開封するとスポンジ状の緩衝材がみえます。




緩衝材を開くとそこには・・・



・・・ゴミ?


LED電球はカバーがガラスじゃなければまぁ衝撃に強いでしょう・・・


お、中身は無事か!



!?

これ、開封しただけですよ・・・箱から出したらこうなってました。

な・め・と・ん・かー!!


まさかこちらの手間を省いて分解して送付・・・なわけないです。
つくりが甘い上に輸送時の衝撃でカバーが外れたんでしょう。


本来はこういう形状です。


カバーはガチャガチャの入れ物を流用したように見えますね・・・



いつもならここで分解に関する注意書きなのですが、今回は入
手時点でこうなっていたのでそのまま進みます。


LEDは1素子×7個の7素子、モジュール電圧は61Vです。
コンポジット基板にLEDを実装しただけ、この製品に放熱という
概念は存在しないようですが消費電力が低いから大きな影響
はないかも知れません。





基板を覆う絶縁カバーは熱収縮かとおもったんですがスポスポ・・・



基板は紙フェノール、表面はこんな感じです。


部品の足に対してスルーホール(基板の穴)が大きい上に精度
もかなり悪いです。


やはりコンデンサとダイオードだけの方式でしたか・・・

BPZ100/04/30E26-1SFF (HONYAR LED電球 ??W相当電球色)
SKU100005 (Lighting EVER LED電球 50W相当電球色)

でもおなじみですね。


裏面からしか半田付けしてないのにここに半田が付着してます。


基板から浮いた部分に付着しているので半田付けとは無関係、
おそらく机の上に並べて半田付けしてる際、他の個体の半田付
けの半田が飛んで付着したのでしょう・・・

作業環境も作業者の水準もかなり悪いですね。


裏面です。


左の上2本はLEDモジュールへ、下2本はACラインです。
よく見ると上2本は(この画像で)裏から基板に挿して半田付
けしてますが下2本は(この画像で)表に当てただけで半田付
けされています。
作業効率を考えたんだと思いますが信頼性を犠牲にしてる気
がします・・・


分解時間は過去最短!(というか入手時点でバラバラ・・・)
フニャフニャの箱でエアーメールで発送する時点でアレですが、
中の製品もある意味期待通りでした。

安全部品はありません。
使っている最中にバラバラになる可能性すらあるつくりです。
実装も品質管理も酷いです。
それ以前におそらくPSEどころかCEとかの規格もクリアしてない
んじゃないかな?
つまり、日本で販売してはいけない製品な気が・・・
当然ですが、個人的にはオススメしません。


分解前の消費電力・温度測定結果は こちら です。

電球関連の総合リンクは こちら です。


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m