2014年1月14日火曜日

LB1526AD (ビームテック LED電球 60W相当電球色)

ビームテック製品の第4弾です。



調光器具対応、密閉器具については特に記載がありません。

■仕様■
光束:590ルーメン
色味:電球色
寿命:40,000時間
電力:7W









注:購入した個体の結果であり販売されている製品が全て同じとは限りません。
  また、内容はあくまで1消費者としての個人的見解です。
  分解は危険を伴いますのでマネをしないでください(万一分解したら絶対に使用しないで!)。
  万一事故・損害が発生しても一切の責任は負いかねます。

では早速破壊分解スタート、カバーをグリグリ・・・接着剤で固定
されていました。


黄色が濃くて判別し難いのですが、LEDは2素子のようです。
素子2×16個(8個直列を2列並列)の32素子と思われます。
モジュール電圧は25Vでした。
(調光の実測時には21V(0%)~24.5V(100%)でした)


BT-7W-24V(RA80)

消費電力7W、電圧24V、演色性(演色評価数Ra)80でしょう。
BT型番からするとこの製品も

深圳市必拓电子有限公司(Shenzhen Betop Electronics Co.,Ltd.)

の製品がベースだと思われます。


BT-DLS7DWE27-B



接着剤が垂れてLEDにまで・・・




ネジを3つ外すとLED実装円板が取れました。
裏面にはグリスが塗布されています。



内部樹脂ケースもスポっと抜けました。


ま・・・まさか・・・シリコン充填か?!


どうやら接着剤さえ剥がせば何とかなりそうです。


内部樹脂ケースをバリバリ・・・ACラインをカットしました。



基板の表面、ガラエポっぽいです。





基板の裏面です。



う~ん・・・半田付けが酷いですね。
ピン同士・部品同士の半田ブリッジなんて当たり前みたいな。

む?


LEDへの出力側付近ですが、表面から挿入された線の先端が
髭のように・・・柔らかい上に長いので簡単にショートの原因に
なりそうです。


ヒューズ等の安全部品は見受けられません。
狭い中に押し込んでいる感はありますが、パターンは特に問題
なさそうです。
実装は・・・やはり酷いの一言ですね。

破綻にまで至ってないものの、この実装レベルだと個体差が激
しいので安心して使うには無理があると思います。
よって個人的にはオススメしません。


分解前の消費電力・温度測定結果は こちら です。

株式会社ビームテックの謎は こちら です。

電球関連の総合リンクは こちら です。


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m