2014年9月16日火曜日

Unknown (T-mart日本 LED電球 ??W相当昼光色)



メーカー:不明
型  名:Unknown


LED電球分解シリーズも気が付けば100個目を迎えました。
LEDが100個実装された電球を用意した方が面白かったので
すが、それを思いついたのは投稿後です・・・


メーカー不明のUnknownだけあってパッケージは無地です。


箱が潰れてるのもUnknownシリーズでおなじみです・・・


緩衝材はプチプチで包まれてるだけ、底面は緩衝材なしです。







印字は2013-6-1とありますが製造日かな?


Amazonマーケットプレイスの製品説明にはスペックがこのよう
に記載されています。


■仕様■
光束:1600ルーメン(電圧110V時)
色味:昼光色(7,000-8,000k)
寿命:40,000時間
電力:18W(電圧110V時)

重量が253gとなっていますが


実測で約182gなので誤差というにはちょっと大きすぎです。



 Attenntion 
あくまで投稿時点における購入した個体の結果であり販売されている製品が全て同じ
限りませんし、内容はあくまで管理人個人の見解にすぎません。
さらに、製品分解はメーカーが認めておらず保証外になる上に非常に危険ですからマネを
しないでください。
管理人は一切の責任を負いません。

では早速破壊分解スタート、天面の隙間にマイナスドライバー
を差し込んでクイックイッと・・・



側面のLED基板12枚は並列接続のようです。
奥の方に熱収縮チューブに囲まれたユニットが見えますね。


天面のLED66個は22個直列×3列の並列接続です。
基板は樹脂系接着剤でケースにべちゃっと固定されてます。


側面のLEDは22個直列です。

ということで、全体としては22個直列×15列並列です。



側面の基板はケースの溝に差し込まれてるだけです。



中のユニットを引っ張り出してみました。


熱収縮チューブで包んで樹脂系の接着剤でケースに固定して
いたようですが、接着力自体はそんなに強くありません。


基板とご対面・・・巨大なコンデンサが特徴的です。





裏面です。


2010-11-28の印字がありますが製造日?

部品点数は少なくシンプルです。
LEDへの出力線が隣同士で半田付けされてるのですが、ショ
ートを避ける為に基板に穴を開けてたりとしっかりした印象を
受けます。


安全部品は見当たりません。
基板のパターンや実装には特に問題は見受けられませんが、
交流を単純に直流にしてるだけなのでチラつきが酷いですし
電圧変動の影響を受けています。
印字された日付が製造日だとしたら4年前の電源+2年前の
LEDモジュールですから不安要素は多いです。

サイズを考えても一般的な用途には向かない気がしますが、
結果的に温度が低く抑えられてるし広配光なので用途次第で
選択肢になり得るかも知れません(ネタとして)。

但し、ケースの精度が悪い上に天面ははめ込みだけで固定さ
れているので個体によっては使っている内に天面が外れて落
ちる事も想定されます。
天面が落ちると側面も抜け落ちるのでショートする可能性があ
ります。

もし購入したら使用前にチェックして、不安なら接着剤で補強す
るなどの対策をしておく事をおススメします。
あと、中がスカスカなので改造用には都合良さそうです。


分解前の消費電力・温度測定結果は こちら です。

電球関連の総合リンクは こちら です。


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m