2014年10月14日火曜日

東北油化破産、岩手県の家畜(牛)の死骸は全部青森県に押付け?



東北油化株式会社

住所:岩手県奥州市江刺区稲瀬佐野14-1
設立:昭和40年5月
資本:1,425万円
社長:武内健太

10月10日盛岡地裁に破産を申請した。
負債総額は同時破産の関連会社と合わせて9億8756万円。

東北油化は昭和40年5月畜産残渣を使用した油脂製造業と
して操業開始、ピーク時の昭和60年6月期の売上高は24億
471万円をあげていたが、以降の売上高は需要の減少など
で伸び悩んでいた。
23年3月期の売上高は12億2627万円で1億5500万円の
赤字を計上し債務超過に転落、26年3月期の売上高は取引
先変更による取引量の増加で13億1729万円に回復したが
コスト負担から3460万円の赤字を計上していた。

当社の操業に関しては、これまでも悪臭や水質汚濁など環境
問題を指摘する声があり過去にも地元行政団体より数度の業
務改善命令が出されていた。
 ・10月1日:奥州市が市悪臭公害防止条例に基づく改善命令(8月に続いて2度目)
 ・10月3日:岩手県が水質汚濁防止法に基づき一部施設の使用停止処分
という流れを受け動向が注目されていたが、10月10日全従
業員50名を解雇し今回の措置となった。
TSR速報2014.10.14


奥州市といえばDIOジャパン問題ですっかりおなじみですね。
今回は雇用助成金とか関係ない普通の破産なんですが、中
小企業の単純な破産で済まされない事情があったりします・・・

悪臭問題の東北油化が破産申請 牛の最終処分場失う

奥州市江刺区稲瀬で家畜の処分を行っていた東北油化と東
北化製事業協同組合が破産申請したことが11日分かった。
10日に事業停止し従業員約50人に解雇を通知した。
同社は汚水処理の問題で3日に県の行政処分を受け稼働を
停止していたが、県内で唯一死んだ牛を処理できる施設の
産で搬入先を失う畜産農家への影響が懸念される。
同社は1965年創業で76年に北上市から現在地に移転、盛
岡以南を中心に年間3千頭の牛を処分していた
同様の施設は東北では青森県八戸市にしかない。

同社は以前から悪臭問題などで地元住民とトラブルになって
おり、県は今月3日放流水から基準値を上回る大腸菌群など
を検出したことから水質汚濁防止法などに基づき排水の一時
停止などを命令していた。
岩手日報2014/10/12


あくまで管理人の妄想ですが、ここまで特殊性の高い業者が
破産するというのは「経営よりもトラブルの影響じゃないの?」
とかいろいろ裏を勘繰ってしまいますけど・・・
ちなみに会社の周辺はこんな感じです。

Google Earth

とりあえず地元住民は一安心?、でも岩手県が施設を止めち
ゃったから未処理の牛の死骸が山積みらしいし破産したから
すぐに処理できないけど。
従業員が全員奥州市に住んでいるとは限りませんが50人の
失業者が発生してしまいましたね。
そして岩手県は、死んだ家畜を年間3,000頭もせっせと青森
県八戸市に運び込んで処理を押し付ける事になるのかな?

まさに〝臭い物に蓋をする(諺ではなくそのまんま)ですね。


まぁそれはそれとしてこの会社を調べてるとこんな会社が・・・


社名:株式会社東北油化
本社:岩手県盛岡市黒川22地割77番地
社長:佐々木信雄
設立:昭和48年
資本:1,000万円

事業内容は東北油化株式会社と同じ産廃処理のようです。
(家畜の死骸は扱ってなさそう)
同じ社名すら珍しくないんだから〝(株)〟が前と後ろで異なる
ならただの似た社名・・・と思うでしょ?

この会社の沿革です。 魚拓
 昭和42年5月:東北油化株式会社(奥州市)盛岡営業所として開設
 昭和46年7月:盛岡営業所が盛岡市において独立創業する
 昭和48年4月:株式会社東北油化として法人改組

どうやら盛岡営業所作ったら4年で独立して商売敵になった上
に〝(株)〟の位置が違うだけの同じ社名を名乗り始めたとい
う流れに見えますが実際どうなんでしょ?
古い話ではありますが喧嘩別れしてたならその後もずっと・・・


そういえばこんな会社もあるんですね。


社名:東北油化工業株式会社
本社:宮城県仙台市宮城野区蒲生字八郎兵衛谷地第二112番地の10
    岩手県盛岡市稲荷町16番32号(盛岡営業所)
設立:昭和45年
資本:1,200万円
社長:松原誠

この会社も産廃処理業者(家畜の死骸は扱ってなさげ)です。
昭和40年代東北地方では東北油化って名前が流行ったの?


いずれにしても、破産しちゃった以上どうしようもありません。
今後の展開としては「緊急だ」とかいって畜産農家に補助金ジ
ャブジャブ・・・

この投稿は、公開時点で一般的に閲覧可能なネット情報などを基にしていますが、その
ースについて真偽の保証はありません。
また、全ての内容は個人的な推論でしかないので誤っている可能性もあります。
内容に関して一切の責任を負えませんので、当ブログを根拠とした誹謗中傷はくれぐれも
お止めください


時事四方山(よもやま)話は こちら です。


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m