2015年1月28日水曜日

MAL351U3 (MARSHAL USB3.0対応ハードディスクケース)



MARSHALは昨年購入したMAL-3735SBK(USB2.0接続)に続
いて2つ目になります。









本体はアルミ表面にサンドブラスト加工のようなザラザラした
手触り、両端は樹脂製です。


MAL-3735SBKと筐体は共用してるようですね。
並べて置いても見た目に違和感がないので地味にうれしい。


背面には電源・USBコネクタ、電源スイッチと状態表示LEDが。


前面は何もなし。


内側にはスポンジが貼ってあります。



内部はシンプル、この基板だけです。



ブリッジチップは台湾のファブレスメーカーInitio Corporation.
のINIC-3609を搭載しています。


America Techcode Semiconductor, Inc.って社名にわざわざ
国名を入れてるけど何となく中国メーカーっぽい気がします。

基板の裏面はほとんど部品がありません。



取り付けは簡単、コネクタを接続して側面に樹脂製のガイドを
挿し込みます(ネジ穴に挿すだけ)。


あとはケースにそ~っと挿し込みます。


ネジ留めしたら完成、作業は5分もかかりません。
なお、ガイドの精度が甘いとガタツク可能性があります。
そんな時は前面内側に厚めの防振スポンジとかゴムを貼って
固定すると改善されます。


ACアダプターです。


この形状だとタップを使うと隣まで占有しそうですね。





深圳市盈源电子有限公司(Shenzhen Yingyuan Electronics Co.,Ltd)

SAW24-120-2000だと思われます。


付属のUSBケーブルは当然3.0仕様です。




早速ベンチマークですが、とりあえず動作確認も兼ねて以下の
2製品で実施しました。

1.WD20EARS-00MVWB0(Spec:110MB/s 回転数は可変(IntelliPower))
2.WD3200AAKS-00B3A0(Spec:126MB/s 7200RPM)

どちらも古い製品なのでちょっと・・・でも空っぽですぐに使えそ
うな個体がコレしかなかったのでご容赦ください。

WD20EARS(USB3.0接続)


WD20EARS(USB2.0接続)



WD3200AAKS(USB3.0接続)


WD3200AAKS(USB2.0接続)


やはりUSB3.0だとHDDのスペックをフルに引き出せています。
(WD3200AAKSはSpecよりちょっと遅いけど)
大容量のデータを扱うとか定期的にバックアップをとる場合は
USB3.0がとても便利、一度使うともうUSB2.0には戻れない・・・


但し、この製品は密閉構造でファンレスです。
筐体がアルミなので放熱しそうに思えますが、筐体とHDDはコ
ネクタとサイドのガイド(どちらも樹脂製)で接触してるだけです。
熱伝導はお世辞にも高いとは言えないので高速爆熱HDDを使
うと熱が篭って寿命が縮んだり動作が不安定になる可能性が
あります。

あと、LED背面設置で明るさが気にならない事を売りの一つに
していますが、背面を見ないと動作してるかわからないという
のは正直面倒・・・というかこれってメリットなのかな?
単にコストダウンの為って気がしないでもないんですが。


そうそう、この製品には縦置き用のスタンドが付属しています。







固定ネジ等はなく単に挟んでいるだけです。


ん?




よく見ると本体との接触部と底面に窪みがあります。
推測ですが、最初はここに滑り止めのゴムを貼付していたん
じゃないかな?
コストダウンで削除したと思われますが、管理人的にはこうい
う部分はコストダウンの犠牲にしてほしくないです。


あと、本体をウェットティッシュでフキフキしていたら・・・




ん?

何かに引っ掛かって繊維が残ってますね。


突起のようなものが付着していますが、製造後ではなく表面加
工の際に発生したっぽいです。
まぁ普段からゴシゴシ触りまくる製品でもないので支障はない
のですが、表面処理も価格相応という事かな。


細かい部分で気になる点はありますが、トータルで考えるとコ
ストパフォーマンスは非常に高いです。
某通販サイトや価格比較サイトでは低評価もちらほらあります
が、拝見すると?な内容も多いですし少なくとも管理人の環境
下では問題なく動作しています。


消費電力の測定結果は こちら です。

パソコン関連の履歴書は こちら です。


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m