2013年3月23日土曜日

LDA8L-G (CIVILIGHT LED電球 ??W相当電球色)

CIVILIGHT Shenzhen Semiconductor Lighting Co., Ltd

Shenzhenでお察しの通り、中国メーカー製品自身が自社の
名前で販売している製品です。
中国名は深圳衆明半導体照明有限公司、深圳が拠点のよ
うです。



ビーム各270°を謳っています。


密閉器具が禁止事項にはないですが対応してるか不明です。
変な言い方ですが、パッケージに中国メーカー名が記載され
てなければ中国メーカーの製品と分からないほどよくできてい
ますね。
なかなかに高級感漂うパッケージです。





こちらが本体、ケース部が2重構造になってる?



PSEマークもちゃんと入ってる・・・ん?

Hyper Planning. Inc.

という表示がありますね。
この商品はAmazonマーケットプレイスでECO2ZONEという店
舗から購入したのですが、運営会社が株式会社ハイパープラ
ンニングです。
という事は中身を中国メーカーに作らせてる輸入業者って感
じでしょうか。



注:購入した個体の結果であり販売されている製品が全て同じとは限りません。
  また、内容はあくまで1消費者としての個人的見解です。
  分解は危険を伴いますのでマネをしないでください(万一分解したら絶対に使用しないで!)。
  万一事故・損害が発生しても一切の責任は負いかねます。

では早速分解、カバーは接着剤で接合されていました。
爪が見えていますが、これは引っ掛かりがないので抜け防止
にはなっておらず、強いて言えば回転防止の為でしょうか。


・・・ (-_-;ウーン

・・・ o(´^`)o

ビーム角270°じゃなかったっけ?


カバーを丸くしてる以外、特に工夫はないようです。
180°以上を謳うにはちょっと無理がある・・・こんなんあり?



ネジを外すと・・・LED実装円板周囲のリング状の部品が取れ
ました。
ちなみにこれプラスチックです。


LED実装円板も簡単に剥がれました。


グリスではなく熱伝導シートを挟んでいたようです。


LEDは円状に9個、素子が2個るので18素子になります。


E26にしてはLED実装円板が小さいですね。

ネジを外しLED実装円板の配線をカットしたら中身がスポっと。



変わった構造です、ちょっと放熱面積が少ない気がしなくもな
いですが、構造的には悪くないと思います。
というか多少でも空気の流れがあればなかなかよさそうな感じ。



基板の納まっているはずのケース部、樹脂製のようです。


いつものようにソケットをぐりぐ・・・り・・・?



!?

引っこ抜いたらこんな感じです・・・


完全に埋まっとるやん!

つい最近同じような光景を見た記憶があるのですが・・・

ECL-HPL40NPWWH (エコリカ)

ですね、また発掘作業なのかぁ orz


そして悪戦苦闘の末に発掘完了、こちらは基板の表面です。




こちらは基板の裏面です。



実装は・・・意外と言っては失礼かも知れませんがまともです。
ただ、パターン設計を詰めすぎているので挿入部品(足を突
き挿して裏面で半田付けする部品)の実装部が隣の部品の半
田付け部分と0.5mm以下みたいな部分があるのが不安。

実装ちゃんとしてれば特に問題ないですけど、ちょっと半田盛
り過ぎている部分が散見されるので・・・
あと、安全部品としてヒューズほしかったなぁ。

この製品に限った話ではないけど、樹脂に電解コンデンサ埋
め込んで大丈夫なん?


正直な所、上述の通り少し気になる点はありましたが、使用を
躊躇うほどの実装面での問題点は見受けられませんでした。

でもね・・・

この構造でビーム角270°は無理っしょ!!

大事な事なので2回突っ込みました ヽ( ´ー`)ノ
そういえば生産地表示がないけどどこで作っているんだろう?


分解前の消費電力測定結果は こちら です。

電球関連の総合リンクは こちら です。

株式会社ハイパープラニングの謎は こちら です。


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m