2013年11月13日水曜日

EFD15EL/12EV-E26-2PC (山善 Gball Evo 60W型電球型蛍光ランプ 電球色)

グリーンボール エボリューション (Gball Evo) 

という、何か変身でもしそうなすごい名前です。


密閉器具に対応しています。



■仕様■
光束:810ルーメン
色味:電球色
寿命:8,000時間
電力:12W







消費電力測定の投稿でも記載しましたが、この製品はクレオ工
業で生産された製品のようです。
外箱裏面にあった「お客さま窓口」もクレオ工業になっています。




注:購入した個体の結果であり販売されている製品が全て同じとは限りません。
  また、内容はあくまで1消費者としての個人的見解です。
  分解は危険を伴いますのでマネをしないでください(万一分解したら絶対に使用しないで!)。
  万一事故・損害が発生しても一切の責任は負いかねます。

では早速破壊分解スタート、ソケットをグリグリ・・・



もう手慣れたもんです、カバーをパカっと割りました。


むぅ・・・蛍光管からの線が交差しています。
さらに、基板の切欠きにもちゃんと入っていませんね。

反対側はちゃんと切欠きに入っていました。


基板とソケットの間には・・・


ヒューズ入り抵抗っぽいです。


側面から回転させながら1周見てみます。





邪魔なコンデンサを倒して上からです。


部品の足にはちゃんと絶縁カバーが付いており、特に問題とな
るような点は見受けられません。


基板の裏面です。


黄色の矢印はACライン、ショートを防ぐ為基板自体に穴を開け
て隔離しています。
橙色が蛍光管からの線をつなぐ端子です。
赤く囲んだ部分、半田付けの後でカットしたようです。

良く出来ています・・・正直驚くほど良く出来ています。
パターンも危なげなく、半田付けもしっかりしておりACラインの
絶縁は大手メーカーですらここまでやらない程です。


長いものをカットしているだけあって、リード端は許容範囲です。



蛍光管、線には絶縁カバーが付いています。



以前分解したクレオ工業製がアレだったから期待してなかった
んですが・・・良い意味で予想外でした。

ちょっと残念だったのは蛍光管からの線の片側が基板の切欠
きに入っておらず、しかもクロスしてた事です。
絶縁カバーがしてあるので問題ないのですが、絶縁カバーは編
線で淵がほつれてたのでちょっと不安に感じました。

この部分さえなければ


「パーフェクトだウォルター」

と言ってもいいほどの出来ですね。
消費電力もきれいに公称値ギリギリをキープしてたしケチをつ
ける点はありません。


ただし、個人的に「買うか?」と聞かれれば答えは「No!」です。
些細な事ですが、こちら の出来事により山善を信用してない
からです。
山善以外がコレを販売していたら文句なく購入すると思います・・・

購入される場合は責任を持って対応してくれる販売店で購入す
る事をオススメします。


分解前の消費電力・温度測定結果は こちら です。

電球関連の総合リンクは こちら です。


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m