2013年5月9日木曜日

EFD10ED/8-SP-2P (オーム電機 電球形蛍光ランプ ECOdeQ 40W相当昼光色)

イオンのOEMもやってるオーム電機の製品です。
消費電力測定から半年近く・・・分解は終わってたんですが
なんとなく投稿を後回しにし続けてしまいました orz








■仕様■
光束:440ルーメン
色味:昼光色
寿命:10,000時間
電力:8W









注:購入した個体の結果であり販売されている製品が全て同じとは限りません。
  また、内容はあくまで1消費者としての個人的見解です。
  分解は危険を伴いますのでマネをしないでください(万一分解したら絶対に使用しないで!)。
  万一事故・損害が発生しても一切の責任は負いかねます。

では早速破壊分解スタート、いつものようにソケットをグリグリ。


もう手馴れた作業です、ケース取り外しもあっさり完了しました。




赤く囲んだのは蛍光管との接続部、ちょっと曲がってますね。


反対側にも2ヶ所ありますがこちらもちょっと曲がっています。


気になったのはトランジスタがぐにゃっと曲がっているのと
紫で囲んだ部分、ダイオードとコンデンサが接触しそうです。
トランジスタの曲がりは蛍光管からの線を端子にぐるぐる
巻きした時でしょうね。

接触しそうな部分は基板のスルーホールが大き過ぎる為
部品が実装時に傾いたと思われます。


基板の表面、電解コンデンサは撮影の為に曲げてあります。



基板の裏面、赤く囲んだ部分がACラインです。


部品の足はきれいに処理されています。



ソケットと基板の間(ACラインの片側)には抵抗が挿んで
ありますが、これもおなじみですね



基板を外した跡です、この下に蛍光管があります。
基板と接続する線は絶縁被覆されています。



全体的には無難な仕上がりなのですが部品の実装にやや
雑な部分が見受けられました。
作業者の能力管理が甘い?もしくは教育の問題かなぁ??
スルーホールはまぁ仕方ない・・・ぎりぎりにすると挿入作業
の効率が下がるので値段を考えると止むを得ないでしょう。

この先大手メーカーはLED電球へのシフトを強めると思うの
でそこそこ使える品質をキープして生産を続けてほしいです。


分解前の消費電力・温度測定結果は こちら です。

電球関連の総合リンクは こちら です。


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m