2013年8月16日金曜日

株式会社アシストフォー の謎


先日購入した放熱フィンが妙に凝ってるLED電球のメーカーです。

社名:株式会社アシストフォー
設立:平成20年9月12日
資本:1,000万円
社員:3名
事業:インターネット販売
売上:1億5千万円(2010年度予定
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-23-9 2階
説明:汎用インク・互換インク・リサイクルトナー等の販売を主と
    しています。LED電球・車用のガラス繊維系コーティング
    剤をオリナルとしてラインアップしました。


規模だけで判断はできませんが・・・
HPには2010年度の売上見込みしか記載されてないので直
近の実態はよくわかりません。
とりあえず、人数だけで見ると企画・開発まで手が足りない?

所在地を確認しましたが、ストリートビューではビルしかわから
ないのであまり意味がありませんでした。
通販サイトをいくつか運営しているようですが、LED電球は全
く見当たりません。
Amazonマーケットプレイスに出していた1製品だけなんですが
今後展開と言う事でしょうか?



ちなみに、この会社を探す過程でこんな会社を見つけました。

社名:株式会社アレグレット
設立:平成8年8月2日
資本:1,000万円
社員:6名
事業:服飾雑貨の企画/製作/生産管理/販売
売上:3億5千万円(2010年度予定)
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-4-7グリーンパーク原宿102

社長さんのお名前が同じですが、こちらも売上予想は2010年
のままでした。
設立時期から考えるとこっちが先のようですね。
位置的にはアシストフォーと同じ場所ではなくご近所のようです。


服飾関係からプリンターの互換インク・自動車用ワックスに手を
広げるバイタリティーには感心しますが、内容に一貫性がないよ
うに見受けられるのでLED電球について知見を有してはおられ
ないのではないかと推察致します。

中々変わった形状なので結構期待していたのですが、多くの企
業と同じでどこかの海外製品にシールを貼付して自社ブランド化
されてるのかな?


【注意】
 この投稿は、公開時点で一般的に閲覧可能なネット情報などを基にしています。
 できるだけ信頼できる〝と思われる〟ソースを引用しようと努めていますが真偽の保証はありません。
 また、全ての内容は個人的な推論でしかないので誤っている可能性もあります。
 内容に関して一切の責任を負えませんので、当ブログを根拠とした誹謗中傷はくれぐれもお止めください。


電球関連の総合リンクは こちら です。


2 件のコメント :

  1. はじめまして。
    アシストフォーの代表者、尾崎氏と最近まで関係のあった者です。
    あまりに威圧的かつ傲慢なため、近頃は距離を置いております。

    さて、アシストフォーという会社をある程度知っておりますので、ご参考までにと思い、コメントさせていただきます。

    まず、社員3名となっておりますが、実際は尾崎氏の他に社員は1名のようです(2013年6月時点)。

    訪問した時、商品(LEDかどうかはわかりませんが)の置いてあるところで、平気でタバコを何本もプカプカしていましたので、商品を粗末に扱っているのだろうな、という印象を受けました。
    というよりも、事務所に入った時に、タバコ臭がプンプン。タバコを吸う私でも感じたくらいなので、その中で商品を扱っていることに常識を疑いました。

    社員の方も、のんべんぐらりとしていて、社会人としてどうなのだろうか、という印象を受けました。

    また、代表の尾崎氏の言うことには一貫性がなく、こちらのブログでも「服飾、互換インク、ワックス、LED電球と一貫性がない」と書かれているように、本当に何をしたいのかわからない感じがしました。

    何年か前になりますので、うろ覚えではありますが、LED電球をはじめたきっかけは「他社で売れているようだから」ということだったらしく、素人と言っても間違いないと思います。
    まししく思いつきで、企画・開発能力があるような会社には思えませんでした。

    自分の主義主張を持っている方ではありますが、すぐに他人を見下すため、あまり近寄りたい人だとは思いませんでした。「素人なのにお山の大将」と言った感じです。

    最後にひとつ、気になることがあります。
    ヤフーで、アシストフォーと検索すると、「アシストフォー 特許侵害」という候補が出て来ますが、怪しすぎると思います。
    ともかく、LED電球に関しては素人さんのようです。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      なかなか生々しい内情ですね・・・
      分解の投稿に記載の通り、台湾メーカーの製品そのままだとわかった
      のでとりあえず素性を探るという目的は達しました。

      LED電球は単価が安くその辺の町工場でも製造できるほど簡単なの
      で参入企業が後を絶ちません。
      さらにその海外製品を輸入するだけのメーカーも次から次へと・・・

      選択肢が多いのは消費者にとって良い事なのですが、品質が担保され
      てない上に外見で判断できない製品が多く困ったものです。
      PSEのようなザル規格ではなく、品質を担保できるまともな規格が
      ほしい所です。

      削除

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m