2012年6月5日火曜日

TrafficLight (bitdefender)



コンピューターウイルスも日々巧妙になっています。

特に、インターネットでホームページが改竄されてそのホーム
ページを閲覧しただけで感染する事例もあります。
(ウイルス対策ソフトメーカーのHPさえ改竄されてましたね・・・)

恐ろしい世の中ですよね。

使っているPCにはウイルス対策ソフトをいれてますが、ちょっ
と追加対策を考えてみましょう。
現在使用してるウイルス対策ソフトの中にもWebからの進入対
策がありますが、これを入れたら100%安全なんてものが
存在しない以上は確率を上げるしか防衛策はありませんよね。

でも何でもかんでも追加すると今度はソフト同士の競合問題で
トラブルになります。
そこらへんを考慮しつついろいろ探してみた結果TrafficLight
を見つけました。
提供元はbitdefender、ウイルス対策ソフトの評価でも常に上位
に入っている優秀なメーカーさんです。
(ルーマニアのSOFTWIN社が開発元です)

単体のソフトではなくプラウザのアドオン(追加機能)として機能
します。
入手ですが、まずはbitdefenderの日本語ページにいきます。

今はリダイレクトされて英語の専用ページになっています。
ここから下の説明は現在と異なりますのでご注意ください。
(下の方に英語版のHP用を追記しました)


ツール→プラウザに進みます。


赤丸のDOWNROAD NOWをクリックします。


使っているプラウザをクリック(私の場合はChromeなので赤丸部)。
SafariやFirefox用はあるのですがIE用がない?

注:インストール時に画面の保存を忘れたのでこの画面は撮影用再訪問です。
  実際にはこの画面を撮影した時点で既にインストールしていました。
  上の方の赤い四角の中に線のようなものがみえます。
  インストールするとこれが常に画面にでてきます。


Chrome web store に飛ぶので右上の追加をクリック!
確認画面がでるので OK したら完了です。



2つ上の画像の→をつけた線のような部分をクリックすると四
角の中のようにバーが出現します。


SETTINGを押すと機能一覧、ここで各機能がON-OFFできます。

デメリットはなさそうなのでとりあえずしばらく使ってみましょう。

2014年1月26日追記

今はこちらのHPになります。


DOWNROADとなってますが、クリックすると
 Chrome → Chrome Web Store の対象ページに飛ぶので追加するだけです
 IE → 何故かFirefoxのアドオンページへ ・・・ やっぱりIE用はないのかな?


パソコン関連の履歴書は こちら です。

(トップ画像:HOT for Security

0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m