2013年2月15日金曜日

ECL-HPL40NPWWH (エコリカ LED電球 40/20W相当電球色)

社名がそのままブランド名、その名もエコリカです。


調光も密閉器具も非対応です。



■仕様■
光束:340ルーメン
色味:電球色
寿命:40,000時間
電力:5.8W
質量:180g・・・ステーキとかハンバーグ!?



なんと Made in JAPAN です。



私はひねくれものなのでこういうのって意味があると思えませ
んが、WWF(世界自然保護基金)を応援しているようです。







ケースとカバーの繋ぎ部分は残念ながらかみ合わせが・・・
カバーの成型精度が悪いのかな?



注:購入した個体の結果であり販売されている製品が全て同じとは限りません。
  また、内容はあくまで1消費者としての個人的見解です。
  分解は危険を伴いますのでマネをしないでください(万一分解したら絶対に使用しないで!)。
  万一事故・損害が発生しても一切の責任は負いかねます。

では破壊分解スタートです。


この製品の特徴のひとつはカバーの形状です。
光学的な効果らしいけど、中央がすり鉢状に窪んでます。



この4つは直列に接続されています。
よく見ると内部に素子が3つあるので素子数は12個です。


LED実装円板は他の製品と比べて小さめですね。


ネジを2つ外すとLED実装円板が取れました。
撮影忘れてたのですが、少量ながらグリスが付いてました。



ケース部は結構分厚い金属製です。
なんとなく手にした重量感が普通のアルミ系ではでは感じ・・・




ネジ3つ外すと口金側から中身がスポッと取れたのですが・・・



樹脂で埋まってます・・・そう・・・妙に重い理由の一つがこれです。



ふざけるなー! 分解し難いぞー!!!


まぁ冷静に考えてみれば、分解しない人には問題ないか・・・
仕方ない、地道に削ります。





かなり発掘できましたね。
こちらは基板の表面、ガラエポのようです。



最初に現れたのは何とサン電子工業製電解コンデンサです。
(日本のメーカーです)



次に発掘した電源ICも日本メーカー製です。


基板の裏面です。


日本メーカー製のバリスタです。



日亜のLEDを使い、日本製(つまり日本国内で製造)、尚且つ
主要部品も全て日本メーカーを使っています。
この会社は製造拠点をもってないのでどこかに委託している
と思いますが・・・価格を考えると正直(いい意味で)驚きです。
日本メーカーだから優れているとは限りませんが、素性のは
っきりしている日本メーカー製部品という事である程度の信頼
性が担保されていると思います。
そういう意味で選択肢としてこの製品は十分アリだと思います。

わけのわからないメーカー製は無論、パナソニックや東芝等
の大手よりも価格と品質のバランスはとれてますよね。
まぁ大手は品質を犠牲にしてチキンレースの真っ最中です・・・

とはいえ気にならない点が全くないわけではありません。
コンデンサは105℃10,000時間品なので寿命は問題ないと
思いますが、樹脂で完全密閉していいのでしょうか?
防爆弁がうまく機能しない可能性がないのかなぁ・・・
あと、バリスタが付いているのは評価できますがヒューズがあ
方がよかったかなぁ。
<2013/07/12追記>
分解時発掘できてないだけでヒューズが存在していました。


トータルで見ればかなり優秀です、エコリカ・・・




分解前の消費電力測定結果は こちら です。

株式会社エコリカの謎は こちら です。

電球関連の総合リンクは こちら です。


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m