2014年1月15日水曜日

自室のドアノブを交換してみました



自室のドアノブ(廊下側)・・・メッキも剥げてかなりボロボロです。



室内側は特に傷んでないのであまり気にしてなかったのです
が、10年以上の年代物でガタツキもあります。
壊れて閉じ込められても面倒ですし・・・交換する事にしました。


ドアノブの中ってこんな感じです。 注:これは一般的な例です



とりあえず交換用を購入しないといけませんが事前に調べるの
はこの4項目で充分です。


よくわからない場合はこの4項目を確認し、写メの1枚でも撮っ
て近所のホームセンターに行って店員さんに聞けば大丈夫!



てことで早速近所のロイヤルホームセンターへお出かけです。
売り場にはズラッとドアノブがあります。


「あ!これいいなぁ・・・でも交換できるかなぁ・・・」って時は素直
に店員さんに聞きましょう。


今回は特に拘りもなく同じようなものでよかったのでコレです。

1690円でした。


へぇ、イモネジがないのか・・・ ※イモネジは後ほど出てきます


購入したので開封です。





説明書はコレだけ・・・それだけ取替えが簡単という事ですね。










では早速作業開始、まずはイモネジを外して握り玉(ドアノブ)
をグルグル回すと・・・



赤く囲んだ部分がイモネジ、角芯に締付る事で固定してます。
これが緩むと空回りしてドアが開かなくなります。
開け閉めしてると緩んでくるので時々ドライバーで締めてます。



続いて丸座を外すと・・・ギャー!!



外れた瞬間大量の黒い埃のようなものと一緒に落下しました。
長年の使用により磨耗した金属なのか、固化したグリスなの
かゴミなのか・・・下に新聞紙を敷いておくべきだった orz


これが丸座を外した状態です。
下の方が黒く汚れていますが、さっき落ちてきた黒いのはココ
に堆積してたんでしょうね。



反対側は丸座と握り玉が一体なので丸座のネジを外すだけ。





最後にラッチを引き抜けば取り外しは完了です。




柱側の金具は特に問題なさそうなのでそのまま流用しています。
あとは、掃除して逆の手順で買ってきたドアノブを取り付けます。


取付け完了。




たいした時間もかからず特に技術も必要ありません。
もし自宅のドアでガタついたり調子の悪いドアノブがあれば交
換してみてはいかがでしょう。


DIYの履歴は こちら です。


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m