2014年7月25日金曜日

パナソニックのエコキュートで大規模リコール、国内設置台数の25%が対象



パナ、給湯器リコールへ エコキュート103万台 事故14件

パナソニックは2003年11月~13年1月に製造した家庭用
給湯器「エコキュート」計103万台をリコールする。
同社はエコキュートのトップメーカーで、国内の約4分の1が
対象となる。

熱を生み出す圧縮機が破裂する事故が2013年1月以降で
14件起きていた。
原因は、機器の底板に塩分を含んだ水がたまると圧縮機を覆
う防音材が吸い上げて腐食した為と考えられる。

リコールは期間中に製造した全208機種が対象、103万台の
内訳は
 ・ナショナル/パナソニック:98万台
 ・コロナ(コロナのブランド)/ユーリッチ(セキスイのブランド):5万台
朝日新聞2014年7月25日05時00分



朝日新聞の記者は朝5時に入力したのか・・・
この報道だけだと詳細がわかりませんが、「底板に水が溜まっ
て防音材が吸い上げて錆びた」って・・・

どんだけ下手くそな設計だよっ!

対象が2013年1月までという事は、10年間同じだった仕様を
偶然にも最初の事故が発生したタイミングで変更したのか。
ほんとすごい偶然ですよねぇ・・・


ちなみに、エコキュートの室外機ってこんなのです。


背面を上から見ています。


左側面の下の方です。


正面の開口部にはファンの羽がみえます。


見た目もやってる事も基本的にエアコンの室外機と同じって・・・

うちにもあるじゃん!?

うまくいけば無償点検修理の様子を投稿できると思いますョ。

ちなみに、事故原因からすると
 ・沿岸部
 ・周囲に遮蔽物が無く雨が吹き込みやすい
 ・工場のそば
でパナソニックのエコキュートをお使いのご家庭は、早めに見て
もらった方が良いでしょう。


それにしても、構造的に水が侵入するのは分かりきってるのに
吸水性の防音材を使ってるってどうなんでしょう?

パナソニックってヒートポンプ部分はエアコンからの転用だった
と記憶してます。
ベースはエアコンの室外機だったはずだから構造的にも同じだ
と思うのですが・・・エアコンは大丈夫なんでしょうかねぇ?
(幸い我家にパナソニックのエアコンはないですけど)


無償点検修理の様子(我が家の場合)は こちら です。

パナソニックの告知HPは こちら です。

身近な危険に備えるは こちら です。


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m