2014年7月26日土曜日

LDA6L-G-A (アグレッド LED電球 30W相当電球色)



メーカー:アグレッド株式会社
型  名:LDA6L-G-A


アグレッドは丸善電機のブランドでしたが、倒産してロームに
買収された後に社名もアグレッドになりました。
この製品は丸善電機時代のアグレッドなので2011年10月以
前に製造されたものだと思われます。


箱は六角柱形状、パッケージデザインは黒を基調にしています。




■仕様■
光束:390ルーメン
色味:電球色
命:40,000時間
電力:5.5W





配光イメージとありますが、器具のシェード付けた状態なので
全く参考になりません。





ケース部は無塗装のアルミ系金属です。



ちょっと分かり難いですが、ソケットの口金と白い樹脂の間に
隙間が見えます・・・口金固定作業が雑なのかな?



カバー・ケースとも一切表記がありません。
箱を捨ててしまうとメーカーや型番が全くわからなくなりますよね。
個人的には、こういう製品はメーカーとしての責任感に欠けてる
ように思います。



 Attenntion 
あくまで投稿時点における購入した個体の結果であり販売されている製品が全て同じ
限りませんし、内容はあくまで管理人個人の見解にすぎません。
さらに、製品分解はメーカーが認めておらず保証外になる上に非常に危険ですからマネを
しないでください。
管理人は一切の責任を負いません。

では早速破壊分解スタート、カバーは接着剤と押し込みです。


LEDは36素子入りのセラミック基板、配線はわかりませんが
モジュールへの供給電圧は18.3V(実測値)です。


カバーの口を少しだけ大きめに作っておき、ケースに押し込む
事で固定する方法です。
カバーに爪が見えてますが、ケース側に引っ掛かる部分はあ
りません。






セラミック基板は接着剤で固定されています。
剥がそうとしたのですが、セラミック基板が欠けるだけで剥が
れないので断念しました。


ケース部はプレスじゃなくて切削っぽいです。


ん?


リング状の金属部品を被せてるらしく奥のほうに接着剤も見え
ますが、残念ながら外れませんでした。
まぁ分解自体に支障はないので続けます。


ソケットをグリグリ・・・






スルッと基板が出てきました・・・分解が楽なのはありがたいけ
ど、何となく全体的に素人臭さが漂っています。


基板の表面です。

BP5884という型番が見えますが、恐らくロームのモジュール型
番でしょう。
つまり、モジュール丸ごとロームから買ってたって事ですね・・・


裏面にはロームのロゴも見えます。



安全部品としてヒューズとサージアブソーバがあります。
実装は若干半田盛り過ぎな気もしますがまぁ許容範囲でしす。
設計的にも気になる点は特にありませんでした。

とはいえ、何となくやっつけ仕事というかコストダウンの意欲が
ないというか・・・びみょ~です。
一言で言えば『この製品競争力もやる気もなさそー』みたいな。

丸善電機バージョンのアグレッドは流通在庫のみだからこれか
ら入手する人はほとんどいないと思いますが、とりあえず問題
なく使えそうです。
但し、2011年以前の製造品なのでもし流通在庫に出会っても
意図して選択するほどの価値はないと思います。


分解前の消費電力・温度測定結果は こちら です。

電球関連の総合リンクは こちら です。


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m