2014年10月19日日曜日

PS250L-A1/N (ニトリ LED電球 25W相当昼白色)



メーカー:株式会社ニトリ
型  名:PS250L-A1/N


〝おねだん以上ニトリのE17口金品です。



■仕様■
光束:265ルーメン
色味:昼白色
寿命:40,000時間
電力:4.5W



密閉・調光とも対応です。






ケース部はアルミ系の金属素材です。


20130809がロットだとしたら、購入したのが2014年6月なの
で製造後10ヶ月売れてない事になります。



だからもともと税別980円がここまで安くなってるんですね。



 Attenntion 
あくまで投稿時点における購入した個体の結果であり販売されている製品が全て同じ
限りませんし、内容はあくまで管理人個人の見解にすぎません。
さらに、製品分解はメーカーが認めておらず保証外になる上に非常に危険ですからマネを
しないでください。
管理人は一切の責任を負いません。

では早速破壊分解スタート、カバーをグリグリ・・・接着剤で固
定されていました。




印字はL-PS250L-A1-08-V2.0 2012-9-28とありますが、コレ
もロットだとしたら製造の1年以上前になりますね。

LEDは1素子×10個直列の10素子、モジュールへの供給電
圧は30V(実測値)でした。

ん?

これまで見た事のない変わった作り・・・白く輪っかにみえるの
はセラミックです。
という事は金属ケースの内側にセラミックケースを入れてLED
実装円板を貼り付けてるって事でしょうか?



ネジを外すとLED実装円板がポロっと、裏面にグリスが塗布さ
れていますが雑です。



ソケットをグリグリ・・・



あれ?

この構造だと白いリング状の部品が外れたら金属ケースがス
ルっと抜けるはずなんだけど・・・


仕方ないのでケースをバキバキ・・・


樹脂充填のようですが、金属ケースが外れない理由がさっぱ
りわかりません。

ガリガリしてみたのですが・・・


完全に手詰まりです orz

このパターンだと接着剤で固定されてるっぽいんですけど・・・


でも分解できないなんて結果では終われません



では続き、画像に鈍器が写っていますが気にしないでください。


セラミックはLED実装円板の下だけですね。
樹脂充填したプラスチックケースにセラミックの蓋をして金属
ケースを被せた構造です。


やはり金属ケースの内側には接着剤が塗布されてたのか・・・
金属ケースが砕けたように見えるのは気のせいです。



樹脂充填された基板です。





基板の表面です。


E17口金なので小さい基板に押し込んだようになっています。


ソケットと基板の間には抵抗がはさんでありました。


2012-07-20-01-V2.2 D-PS41DL-A1と印字されてます。
LED実装円板上の印字と合わせて考えると、カバー以外は20
12年に製造されたようです。


基板の裏面です。


SC1117DGPOWER INTEGRATIONS, INC.のLEDDriver
らしいんですが、何故かメーカーHPでも検索でもデータシート
が見つかりませんでした。


安全部品は見当たりません。
狭い基板に押し込む為にやや強引な部分もありますが、パタ
ーンや実装には特に気になる部分は見受けられませんでした。

部分的にセラミックを使ったりと設計的にはコストのかかる事を
しているのですが、グリスの塗布が適当だったりと製造品質の
低さが台無しにしてる印象を受けます。

とりあえず頑丈さだけは保証します

これで980円なら「お値段以上」ですが、376円ならまぁ「
」無しでいいでしょう。
部品で1年+完成品で1年滞留していたという事は、プライベ
ートブランドで参入するも初回ロットすら処理に困るほど売れな
かったのではないかと推測します。


分解前の消費電力・温度測定結果は こちら です。

電球関連の総合リンクは こちら です。


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m