2013年5月13日月曜日

ハンドル デジタルスケール 50kg



諸事情によりこういう条件で量りを探していました。
 ①最低でも20kg以上測定可能
 ②持ち運びに便利
 ③軽い

イメージとしては、カバンに忍ばせておいて必要な時に取り出
して使える感じです。
でも基本的に量りって体重計みたいな形状なんで持ち運びに
便利って条件だとなかなかないんですよねぇ・・・

そんな時に見つけたのがこの製品です。


ぶら下げて重さを量ります。
楽天市場の上海問屋 でなんと952円・・・おもちゃか?


確かめるべく早速購入しました!

いきなり開梱からスタートします・・・



説明書は英語ですが別に読まなくても(読めなくて)平気です。





グリップに液晶表示があり、操作ボタンは2つです。


【ON】ボタンで測定を開始、長押しで電源がオフになります。
【UNIT】ボタンを押す毎に計量単位が変わります。



電池は単4が2本、左右に1本ずつ。




液晶表示はバックライト付きです。
右端の〝g〟はグラム表示を表しています。



〝kg〟はキログラム(グラムの1,000倍)です。



〝oz〟はオンスです。


■オンス
 主に欧米で使われています。
 1オンス=28.349523125g


〝lb〟はポンド表示です。


■ポンド
 主に欧米で使われています(イギリスの通貨単位も同名)。
 発祥はメソポタミア地方、人間が1日に消費する大麦の量と
 して1ポンドという単位ができたそうです。
 1ポンド=0.453592kg


使い方は簡単、吊るして測定するだけです。

※この鉄アレイは5.4kgあります


使ってみた感想ですが、造りはしっかりしてて問題ないですね。
本体を握って計量する為測定中は表示部が見え難いですが、
吊るした状態でしばらく待っているとピーと音が鳴って数値
が固定されます。
それから計量物を降ろし液晶表示を確認すれば大丈夫です。
ただ、吊るして持ちながら量るので精度を求める用途には向
いてないかも・・・

とはいえ50kgまで計量できてコンパクト、宅配便の出荷時か
らお子様の体重測定・腹筋や背筋の計測などなどアイデア次
第で幅広く使えそうです。

残念なのは・・・もともと探していた理由が消滅した事です orz

注:どのように使うかは自己判断でお願いします。


買い物レビュー(家電・PC以外)の投稿リンクは こちら です。


0 件のコメント :

コメントを投稿

※1.コメントは管理人の承認後表示されます。
※2.何故かコメントに返信できません、ごめんなさい m(_ _;)m